忍者ブログ

廃墟ちゃんねるブログ

廃墟ちゃんねるをまとめたブログ
忍者ブログ [PR]
07 2017/08 1 2 3 4 56 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 1920 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31 09

:2017:08/20/12:49  ++  [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

:2007:09/27/21:16  ++  P会館

昔ながらの温泉地、蔦で覆われた、古いマンションの様な
宿泊施設が川のほとりにあった。

IMG_4037.jpg

 

 

 


錆び付いた階段を上り、重い扉を開けると
薄暗い廊下から昭和の空気が流れ出る。
その空気を吸いながら、先ずは宿泊施設の見所の一つ、大浴場を目指す。
20畳程の広さで、浴槽は2つ。
温泉を観光の目玉にしている宿泊施設ならまずまずの広さだ。
静かに浴槽に浸かっていると、外から川のせせらぎが聞こえてくるのはなんとも情緒深い演出だ。
しかし、建物の真下に川があるため、身を乗り出しても川が見えないのは少々残念である。

各フロアーを見てみる。
目が慣れないと全く見えない程の暗闇がそこにあった。
懐中電灯で照らしながら恐る恐る進んでみると、ようやく部屋の全貌が見えてくる。
そこはバーになっていて、安いシャンデリアや脚の短い椅子がいくつかあるだけだった。
ゲームセンターや喫茶店、土産物屋などがあり、一般的な宿泊施設としては充分であろう。
その造りはどれも、昭和のかほりを放っていて、リアルレトロを肌で感じる事ができる。

客室に向かい廊下を歩くと、アルミの扉に擦りガラスがはめ込まれているドアがいくつもあった。
昔の団地や集合住宅の様な扉で、プライバシーは薄い。
錆に強いアルミ製のドアは、軽く油を注せば勢い良く開閉でき、今でも現役で使う事ができる程だ。
その扉を開けると、窓にへばり付いた蔦がなんとも印象的で、部屋の中をうっすら赤く染めていた。
そして30年以上も前のテレビが、部屋の片隅に状態良く残っている。
窓の外に目を向けてみると、広く温泉観光地を眺める事ができ、遠くに海が見える。

IMG_4035s-1.jpg

 




少しずつ暮らしが豊かになってきた高度経済成長期、人々は未来に希望を持っていた。
そして今、新しい物を次々に手に入れ、無い物を見つける方が難しい時代になってきた。
廃墟とは、止まる事のない時間の中に忘れてきた、人々の希望の欠片なのかもしれない。

 

 

PR

:2007:09/20/09:59  ++  B 富士

日本を代表する富士山は、静岡県や山梨県などから広範囲にわたって見る事ができるが、
絶景ポイントというのは数少ない。
ここは、そんな素晴らしい場所にあるホテル兼結婚式場廃墟で、
裾をおおきく広げた雄大な富士を眺めることができる。
廃墟の朽ち果てた窓から見える大きな富士は、感慨深いものがある。
人間の造り出したものは、長い歴史の内の一瞬で朽ち果て、
遥か昔からある富士は雄大で人々を魅了している。
自然が生み出す景色と、人が造り出した物の対照的な姿がとても印象的だ。

DSCF0757-1.jpg





この廃墟は、深い霧に包まれる事もよくある。
辺りに街灯一つなく、光という光は自然光のみで、霧の中に浮かぶ姿は、時に幻想的な景色も見せる。
風がとても強く吹き付ける建物の中は、壁や天井が中途半端に剥がれ、力なくぶら下がり、
重なり合って乾いた音を立てていた。
フロアーを見渡すとグランドピアノが目に入ってくる。
茶色い少し小振りなグランドピアノで、鍵盤は秩序をなくし、表面の統率がなくデコボコになっている。
何者かによって赤く塗られた鍵盤は、いかにも心霊スポットにありがちな安い演出だ。
その鍵盤を優しく叩いてみる。
「ポーン」というピアノらしい音が出たのは意外であるが、全部が全部音が出るわけではなかった。
音の出るところだけをリズムよく叩くと、何かの曲になり、それが霊を呼び寄せる。
そんな心霊話があってもおかしくない位の、魅力的なピアノだと思いクスクスと笑っていた。

3階と4階は客室や広いフロアになっている。
特に何も残ってはいないが、どの部屋からも富士山が凛々しく見える造りになっている。
アクセスも良く、周りがもう少し賑わっていたら、
きっと今尚現役のホテル兼結婚式場だったであろうと思わせる程の素晴らしさだ。
 1階の式場は、建物の全体から雨漏りした水が集っており、
ピチャピチャと滴った音が昔のホラー映画を思わせる。
崩れた天井は配管が丸出しになっており、床や柱や壁には、その水が滲みこみ黒く変色している。
結婚式場という面影は全くなく、人生の門出を祝う場所だった事が皮肉に感じる空間だった。

IMG_6928-1.jpg





富士を雄大に望み、結婚式という幸せを見続けてきた縁起の良いこの建物は、
現在それと対照的な存在になった。
廃墟好きからするとこのシチュエーションは魅力的だが、なんとも切ない話である。
日本には様々な廃墟が存在する。各廃墟で感じる事は違うが、その延長線上には、どの廃墟でも共通する「想い」がきっとあるはずだ。
それが何か解るまでは、しばらくこの趣味をやめられそうにない。