忍者ブログ

廃墟ちゃんねるブログ

廃墟ちゃんねるをまとめたブログ
忍者ブログ [PR]
05 2017/06 1 2 34 5 6 7 8 9 1011 12 13 14 15 16 1718 19 20 21 22 23 2425 26 27 28 29 30 07

:2017:06/29/10:57  ++  [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

:2007:09/13/16:16  ++  ホテルアムール

IMG_5113-1.jpgホテルアムール。
昭和を代表する有名観光地、熱海から山を一つ越えた辺鄙な場所に存在した。
峠を越えてしばらくクネクネとした道をおりていくと、風に煽られたボロボロの小さい看板が見えてきた。これはひょっとして「廃墟」ではないかと、安っぽい看板にかろうじて残っていた矢印の案内通りに進んでいく。
陰気な空気が立ち込める暗い暗い沢のそばに、廃墟という言葉がピッタリな建物が姿を見せた。
2階建てのラブホテル。1階は車を止めるスペースになっており、その駐車場から直に階段を上り部屋に辿り着くという構造だ。
狭い階段を上っていく。階段を演出する壁紙は、誰が好むのかという趣味の悪い真っ赤な壁紙。
気分を害しながらも階段を上ると仰天した。
窓の外に設置されている、ピンクのビニール製の目隠しがその色に部屋を染めていた。
部屋には、古臭い女性用の洋服が何着も何着も、秩序なく放置されていた。
丁寧にハンガーに掛かった洋服もあったが、人がぶら下がっている様にも見えて、
激しい恐怖を感じてしまった。
この廃墟は、なぜ何百着もの洋服が散乱しているのか?
どの洋服を見ても、昭和40年代から50年代のデザインばかり。
倉庫に眠っていた「年代モノ」を処分しきれずに、業者がここを捨て場としたのだろうか。
しかし、有力な情報が後日飛び込んできた。
ここに服を持ち込んでいる人を見かけた、という情報だ。
年の頃は30代から40代。
ひょろっとした、いかにも夜のお仕事が似合いそうな外国の女性。
遠くから目を凝らして見てみると、その傍らには、手提げカバンを持っており、時折見せるカバンの中身がその洋服だったという。
お店に雇った沢山の「ダンサー」達に提供していた洋服を、経営に行き詰ったママさんがここを捨て場に選んだのだろうか。
ただでさえ緊張感がある廃墟で、この様な意図しない演出は極めて心臓に悪いものである。
世の中には、様々な廃墟があるものだ。

ホテルアムールは、沢山の廃墟フリークの興味を集めていたが、2007年に解体されてしまった。

PR

無題

ホテルアムールの服の謎が少し解け、新たな謎が増えてしまいました。大変注目していた廃虚ですので、無くなってしまって残念です。

  • :2007年10月16日火
  • +
  • +:hiro
  • +

RE

そうですね
あの廃墟は本当に特徴ある素晴らしい廃墟でした。
有名になりすぎてしまった故かわかりませんが、もう一度だけ行ってみたかったです

  • :2007年11月25日日
  • +
  • +:楓
  • +

+コメントの投稿+

+NAME+
+TITLE+
+FONT+
+MAIL+
+URL+
+COMMENT+
+PASS+
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

+TRACK BACK+

+TRACKBACK URL+